<< 2017年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS

RSS2.0

[HEC USA] アメリカズ・ゴット・タレント

2017-06-30

素人による歌やマジック、ダンスなどの才能を審査員がジャッジし、場合によっては一夜のうちに大スターを生み出す可能性もある人気番組「アメリカズ・ゴット・タレント」。その新シーズンが今年も始まりました。過去の出演者では、 「ダンスではなくダンスイッシュ(ダンス的なもの)をお見せします」と、身体の柔軟性と反射神経を駆使した驚異的なパフォーマンスで注目を浴びた蛯名健一も記憶に新しいところです。昨年は12歳の少女が自作曲をギターの弾き語りを披露し、「次のテイラー・スウィフトだ」と絶賛されました。

そして今年のプレミアもおおいに盛り上がりました。特にゴールデンブザーを獲得したオクラホマから来た少女。彼女はウサギのパペットを使って、まるでウサギが歌っているかのような腹話術ならぬ腹歌術で大喝采を浴びました。もともと内気だったという彼女は、パペットを通してその性格を直したと語っていました。他にもインドネシアから出場した、ラスベガスのマジックショー並のエスケープのマジックを披露した男性や、一時はホームレスだったというカナダ出身のテーブルマジックの男性など、彼らが主役でテレビ番組が成立するのでは?と思われるほどの腕前の強者が続々と登場。さらにこの番組を面白くしているのがプロデューサーのサイモン・コーウェエルを始めとする個性的な審査員たちです。ただし、「アメリカズ・ゴット・タレント」ながら、4人の審査員たちはイギリス人やカナダ人、そしてドイツ人でアメリカ人は一人も含まれていません。そんなところも「アメリカ」ですね。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
13おすすめ

[HEC Taiwan] 台湾を記録する使命

2017-06-26

台湾のドキュメンタリー映画監督である齊柏林(チー・ボリン)氏が、6月10日にヘリの墜落事故に巻き込まれ死亡しました。その日齊監督は映画「Beyond Beauty II - TAIWAN FROM ABOVE」のため、ヘリで空中から撮影していました。沢山の人々がこの訃報を聞き驚愕を感じました。齊監督は台湾トップの空撮監督で、400時間に及ぶ空撮により完成された映画「Beyond Beauty - TAIWAN FROM ABOVE」で有名になりました。ヘリと空撮スペシャルカメラの使用が必要となるため撮影コストが高く、およそ3億円という、台湾史上最もお金のかかったドキュメンタリーになりました。
齊監督が空撮を始めたのは二十年前のことでした。当時の彼は美しい風景を撮影したかっただけでしたが、空から見えたのは台湾の社会問題や建設問題でした。これらの環境破壊問題にはもう残された時間はないと思った齊監督は、本格的に撮影に献身しました。ドキュメンタリーの中国語タイトルは「台湾を見る」という意味ですが、本当は「誰も見ていない台湾」を撮影しました。齊監督はヘリに乗るたび、鷹になった気分がすると言っていました。台湾の土地をしっかり俯瞰し、謙虚な気持ちで台湾を記録するのが彼の使命だったといいます。齊監督は旅立ちましたが、彼の理想と願いはヘリと一緒に墜落することなく、螺旋のように永遠と繋がっていくでしょう。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
34おすすめ

[HEC USA] 有名人のプロムクイーン

2017-06-23

プロムというのは、この時期に行われる高校の卒業パーティーのこと。そして投票によって、その卒業年度のクイーンが選ばれます。予め選出されたプロムクイーンの候補者たちは、プロムに向けて選挙キャンペーンも展開します。プロムが行われる夜、プロムに出席する着飾ったシニア(高校4年生)の女子高生たち誰もが主役です。中でもクイーンに選ばれるということは、主役中の主役、一番の人気者である証明です。そこで高校時代にクイーンに選ばれたセレブリティを調べてみました。

ハル・ベリーは1983年のベッドフォード高校のプロムクイーンとして卒業アルバムに登場しています。アフリカ系の父親と白人の母親を持つエスニックな彼女の魅力は、女優となってさらに開花したのはご存知の通り。高校時代、「サンディ」のニックネームで親しまれたサンドラ・ブロックもプロムクイーンでした。また、シンガーのファーギーは高校3年の時に「ジュニアクイーン」に選ばれました。高校時代から周囲を笑わせていたコメディアンのロージー・オドネルも、その人気でプロムクイーンに輝きました。ちなみにプロムに出席する際にかかる費用ですが、女子の場合、ドレスや靴、バッグ、アクセサリーにヘアメイクで、1000ドルはくだらないと言われています。いわば日本の成人式のようなものかもしれませんね。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
38おすすめ

[HEC Taiwan] 台湾のバイク事情

2017-06-19

最近、台湾の国家発展委員会へバイク免許の制限年齢を下げる懇願をした十六歳の高校生がいました。この高校一年生は「もうすぐ成人だし、制限年齢を下げても社会的な混乱にならない」と主張し、成人のようにバイクで通学する権利を手に入れたいと願っています。この提案が様々な議論を巻き起こしました。提案に賛成する人たちは年齢が若く社会に出る人が多く、バイクを乗ることが出来たらとても便利だと主張します。その一方、反対側はもし未成年が交通事故を起こしたら、結果としてその親が責任負うことになり、責任を考えず権利だけを欲しがるべきではないと主張します。台湾政府の統計によると、2017年2月時点の台湾での車の登録車両が780万台で、バイクの登録車両はその二倍近くの1,300万台です。バイクは台湾で最も普遍的な交通手段とも言えるでしょう。
近年、政府もバイク利用者に多くの有利な政策を施行してきました。赤信号の際のバイクの待機場所が車の前方にあったり、大型ショッピングセンターや駅にもバイク専用の駐車スペースがあったり、バイク専用車道まで設けてあります。同時に、バイクは台湾の社会問題にもなっています。台北警察署の統計によると、台北では毎日少なくとも64名のバイク乗用者が負傷します。交通事故の死傷者人数の六割もバイク利用者が占め、その中でも若い世代の占める割合がとても多いです。そして政府は、きちんとバイクの駐車スペースに駐車しない利用者のルール違反に常に悩まされています。その上、車と車の間を走り抜けたり、歩道を走行したりするケースもよく見かけます。また、バイクの排気は空気汚染にも繋がり、環境への負担が大きいなどの事情からみると、台湾のバイク文化には改善する余地がまたまた残っているとも言えるでしょう。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
20おすすめ

[HEC USA] アメリカのベストエアライン

2017-06-16

ここのところ、男性が警察によって機内から引きずり降ろされたり、母親がベビーカーを奪われたり、システム障害で空港に足止めされたりと航空会社のトラブルが相次いでいます。他の乗客によって撮影された映像が衝撃的だったこともあり、それぞれの事件が各航空会社に与えたマイナスイメージは甚大なものでした。
さて、これらのトラブルが起こる前の今年2月、「アメリカの人気エアラインのトップ10」が某リサーチサイトによって報告されていました。このランキングの根拠は、「料金が適正か」「ルートが便利か」「予定通りに運行されているか」「機内は快適か」「預け荷物は確実に手元に戻ってくるか」「フリークエントフライヤー向けのプログラムは充実しているか」といった様々な要素です。これらで高得点を獲得し、見事に1位に輝いたのはアラスカ・エアライン。同エアラインは20年以上前から機内で使用するナプキンをリサイクルペイパーにするなど、エコフレンドリーな姿勢が評価されていました。ほとんどの判断要素において高得点を得ている中、1点だけ低いのが「ルートの利便性」。つまりルートがかなり限られているというのが顧客にとってはマイナスになっていました。2位はユナイテッド、3位はバージン・アメリカ、続いてジェットブルー、アメリカン、サウスウエスト、デルタ、ハワイアン、フロンティア、スピリットという順位でした。あなたの好きな航空会社はどこですか?
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
36おすすめ

[HEC Taiwan] 伝説のコメディアン 猪哥亮

2017-06-13

先月、台湾のビッグスターが死去しました。その人は、ほとんどの世代に知られている「猪哥亮(ジュー・ゴーリャン)」でした。彼は若い頃、劇団で開演の際の幕引きの仕事を担当し、そして「廖添丁」という演目の中で道化師役である「猪哥亮」を演じて有名になったため、芸名を「猪哥亮」としたそうです。劇団の公演が終了を迎えるとともに、先輩の紹介により高雄の有名な藍寶石大歌廳でディレクターと脚本家を務めました。また司会者の具合が悪くなった際に代わりに司会したところ大人気となり、コメディアンの人生も始まりました!猪哥亮の特色はマッシュルームカットの髪型とローカルな司会スタイルで、北部の張菲(チャーンフェー)、南部の猪哥(ジューゴ)、中部の邢峰(シンフォン)という代表的な司会者に並んで観衆に親しまれ、さらに1980年には「豬哥亮歌廳秀」というバラエティー番組で一世を風靡し、テレビでよく見かける以外にも、ビデオテープの販売によりその名が知れ渡りました。しかし、大儲けした彼はギャンブルに負けたため十年ほど身を隠し、その後またステージに戻って司会者に復帰するほか、映画界にも進出するようになり、大好評を博しました。2014年、大腸がんが発見され、闘病生活を経てこの世を去りました。猪哥亮はただの天才司会者というだけでなく、台湾の多くの家族、親子や祖父母と孫の間に共通した素晴らしい思い出でしょう。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
41おすすめ

[HEC USA] パサデナ・チョーク・フェスティバル

2017-06-09

25回目を迎えるパサデナのチョーク・フェスティバル、今年は6月17日と18日に開催されます。パセオ・コロラドというショッピングモールの中庭に、実に600人以上の世界中から集まったチョーク・アーティストによる作品が、2日にわたり展示されます。展示されると言っても、アーティストたちは作品を持ち寄るのではなく、2日にわたり路面や壁面にチョークで作品を描き続けるのです。しかも完成するのはフェス2日目の午後以降。来場者はアーティストたちが作品作りに取り組む姿をリアルタイムで見学することになります。

会場では、チョークで描いているとは思えないほど、写実的な作品も数多く見ることができます。セレブリティーのポートレイトや風景画、また過去の作品では地割れが起こっているのかと錯覚させるほどに立体的な描写で見る人を唸らせる物も。チョークアート以外にもライブパフォーマンスなどが行われ、お祭り気分が味わえます。また、パサデナはここ数年でさらに話題のレストランやショッピングスポットが増えているので、チョーク・フェスティバルの見学ついでに近隣を散策するのも楽しいでしょう。パサデナまではダウンタウンからメトロの駅も開通しているので、公共交通機関を利用して向かってみては?いつもとは違った気分が楽しめてお勧めです。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
28おすすめ

[HEC Taiwan] 台風レベルの梅雨!

2017-06-05

毎年5月と6月は台湾の梅雨の季節です。この時期は寒気団と暖気団が台湾や日本、中国の華南地域に留まることで梅雨前線として現れて、また低気圧や雷を伴うため、豊富な雨水をもたらします。「梅雨」という名称は、長江の中流と下流で梅が熟成した時期に絶え間ない雨が降るため、梅雨と名付けられたそうです。
先週末には台湾各地で恐ろしい大雨が降り出し、まるで台風がやってきたような災害が各地で次々と発生してしまいました!特に新北市の災害はひどく、北海岸石門、三芝、金山、萬里、淡水などでは累積雨量が600ミリを超え、浸水や道路寸断の被害もあり、石門では1時間で最高114ミリに達したそうです!他の地域でも住宅建物が洪水で流されてしまう被害があり、農作物にも損害が出てしまいました。唯一嬉しいことは、ダムに豊富な水が貯まり、水制限問題が解除されたことです。今回の豪雨は過ぎ去りましたが、これからもまだいくつかの前線がやってくるようなので、しばらくは山などへ出かけることは避け、身の安全に気を付けるべきですね。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
23おすすめ

[HEC USA] アルツハイマーの調査研究

2017-06-02

カリフォルニ大学アーバイン校では、近隣にあるラグナビーチのシニアコミュニティの住民を対象にアルツハイマーの調査研究を長年続けています。その調査によると、80歳以上になると3割の人がアルツハイマーを発症するそうです。アルツハイマーとは認知症の一つのタイプであり、脳内にプラークとタングルが生じることで発症します。プラークはアミロイドという物質、タングルはタウという物質。つまり、これらが脳内にたまらないようにすれば良いということで、製薬会社がこれらを除去する薬を開発しているそうです。問題は、症状が出る前に治験を開始する必要があるため、長期間に及び莫大な費用がかかるということです。つまり、現時点までにアルツハイマーに効く薬は完成していません。

アルツハイマーの要因の一つには遺伝があるという説が有力。コロンビアのある家系では、ほとんどの人がアルツハイマーを発症します。調べた結果、スペインからコロンビアに移住してきた彼らの先祖がアルツハイマーになる遺伝子を持っていたそうです。また通常は、遺伝と後天的な理由の組み合わせが発症の要因になるようです。予防に良い食べ物の一つは青魚、さらに地中海地域でよく食べられるトマトやオリーブオイルなどにも予防の働きがあると言われています。長生きする限り、3人に1人はいずれアルツハイマーを発症するのだとすれば、いかにして発症を防ぐかという研究が進み、また治療薬が完成することが望まれます。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
25おすすめ

[HEC Taiwan] 粽になくてはならないものは?

2017-05-29

明日は年に一度の端午節!台湾はこの四日間は連休なので、十分な休みが取れるほか、粽を堪能したり、家族や友達と会ったりした人もいるかもしれません。過去には台湾南部と北部の粽の違いを紹介しましたが、今回は粽の必需品「たれ」をご紹介します!みなさんの特に好きなたれは何味でしょうか?先日、ネットでたれを4つジャンルに分けて「粽にどのたれをかけるのが美味しい?」と尋ねるアンケートがありました。4つのジャンルは、辛子とスウィートチリソースというチリ派、中濃醤油ソースの上にパクチーかピーナッツ粉をかける醤油派、みじん切りニンニクもしくはXOソースの伝統派、そしてマヨネーズもしくはローズソルト、トマトソースを入れる西洋派です。私が粽にかけるのは、国民の味と呼ばれている愛之味というメーカーのスウィートチリソースです!一方で現在は健康重視の時代なので、食べることに気を払う必要があります。端午節は楽しく過ごしても、粽とソースはほどほどにしましょうね!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
22おすすめ

[HEC USA] チリクックオフとは?

2017-05-26

現在全米各地で「チリクックオフ」という名前のイベントが開催されていますが、なんのことだかわかりますか?「チリ」とは「チリコンカン」という名前の、アメリカ南部発祥の料理のこと。そのレシピを競い合うイベントのことをチリクックオフと呼んでいます。各家庭によってレシピが異なるので、例えて言えば日本でいう「我が家のカレー」のようなものかもしれません。チリコンカンに使用する材料はひき肉と玉ねぎ、トマト、チリパウダー、金時豆やピントビーンズなどが一般的。さらにトッピングに玉ねぎのみじん切りやチーズ、アボカドやサワークリームを乗せたりもします。そして、その進化形がチリドッグ。ホットドッグにチリをたっぷり挟んだもので、ファストフードチェーンなどでも販売されています。
さて、全米で最大のチリクックオフが、カリフォルニア州タスティンのオールドタウンが舞台となるタスティン・チリクックオフ。今年は6月4日に開催されます。チリコンカンのクックオフのほかに各種ブースやエンターテインメント、キッズエリアも開設され、家族で楽しめるイベントになっています。入場は無料ですが、会場では寄付金が募られ、集まったお金は慈善活動に提供されます。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
32おすすめ

[Interush Taiwan] 台湾でもっともつまらない都市?

2017-05-22

先日ネット上で、「台湾でもっともつまらない都市」についての調査がありました。1位は得票率34%の桃園、2位は13%の新竹、3位は12%の雲林だったそうです。つまらない街ナンバー1の桃園については、特色がない、市内が綺麗に整備されていないから観光に向いてない、生活は便利だが遊ぶスポットは満足できないなどのコメントがありました。これに対して桃園を支持する人々は、桃園には遊園地や老街がいくつもあり、拉拉山や石門ダムなど、素敵な自然と人文の場所であるといった反対意見を持っていました。ナンバー2の新竹は、デパートばかりといった意見や、廟口の美味しいお店は数件だけ、動物園が小さくてギュウギュウ、1ヵ月住んだだけで飽きた...などの意見がありました。その一方で、新竹には美味しいグルメが多く、十八尖山も楽しいというコメントもあったそうです。ナンバー3の雲林についても、温泉ばかりでデパートがない、大気汚染があって不動産価格が高いから養老に適さない、ジャンフサン遊園地は有名だけれど、一日で遊びきったという不満の声があるに対して、雲林は台湾一の醤油と最大な野菜卸売場と大湖イチゴがあり、布袋戲(プータイシー)の発祥地でもある、グルメは安くて美味しいという支持する意見もありました!
グルメでも観光スポットでも、それぞれの意見が一致することはありませんが、心で感じ取ればきっと良いところを見つけることができるのでしょう。今週末は、端午の節句で連休となります。外出をお考えの方々は、これらの三つの場所へ行って見てはいかがでしょう。
Posted by Interush Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
41おすすめ

[HEC USA] 沖縄の日本復帰45周年

2017-05-19

沖縄がアメリカ統治から日本本土に復帰して、今年5月で45周年を迎えました。そこで、在ロサンゼルス日本国総領事の主催により、総領事公邸で、ロサンゼルスに暮らす沖縄関係者を集めて45周年記念レセプションが盛大に開催されました。挨拶に立った千葉明総領事は「佐藤栄作首相は『沖縄が日本に復帰しない限りは戦後は終わらない』と語り、その政治生命を沖縄の本土復帰にかけた。そしてそれを実現し、彼はノーベル平和賞を受賞した」と紹介。また、カリフォルニア州のアル・ムラツチ議員は「私は沖縄で日系アメリカ人として生まれ育った。復帰の時の事は鮮明に覚えている。前日まで右側通行だった車が翌朝から一斉に左側通行になった」と当時の思い出を語りました。

来場者に復帰に対する感慨を聞くと、中には「沖縄は昔から薩摩藩の圧政に苦しみ、歴史に翻弄されてきた。今もまだ米軍基地問題を抱えている。普天間基地は近くの住民の安全を脅かしている。少しでも基地が減って、沖縄の人々が平穏に生活できることを祈る。今はまだそれが完全に解決されていないので複雑な思いだ」と答える人もいれば、「沖縄が日本に復帰して、教育の予算が日本政府から獲得できるようになり、県民の環境は改善された。那覇の街を歩いていても非常に活気が感じられる。日本に復帰して本当に良かったと思う」と語る人もいました。レセプションでは、 復帰当時の模様を伝える写真展示や、琉球國祭り太鼓による壮麗な演奏も行われた他、沖縄の料理と酒が来場者に振る舞われました。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
28おすすめ

[HEC Taiwan] 「眷村」が人気ロケ地へ

2017-05-15

「眷村」はむかしの国軍とその家族が住む村落です。
当時、眷村に住む人々は中国各省から集まった人達であるため、言語や料理もそれぞれ異なっており、その影響で現在の文化を生み出しました!
今、台湾にある眷村の一部が都市開発され、残りの一部が当時の年代記録として保存されました。近年、歴史風味の眷村はドラマや映画撮影の人気ロケ地となり、その中で最も有名なのは「空軍三重一村」だそうです。
そこは1954年に建てられ、後に一度都市開発用地となりましたが、各業界の努力で保存されるようになり、2006年に歴史建築で登録されました。
トータル面積が14000平方メートル、およそ60軒建物があり、台湾で最も完全保存された眷村だそうです。
空軍三重一村を歩くと、狭い小路、泥棒侵入を防ぐための低い壁沿いに割れたガラスの設置、壁に沿って成長するツル植物、各家庭が飾る国旗、隣同士や子供たちが交流する場所などがあり、まるでタイムマシンで過去へ戻ったように、まだ濃厚な眷村ムードを味わえます。
記録により、「空軍三重一村」で既に180件作品のロケ地として利用され、新北市撮影の大人気ロケ地の名誉を手に入れたそうです。
過去時代を振り返りたい方々にとって最適な場所でしょうね!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
27おすすめ

[HEC USA] マリリン・モンローも暮らしたホテル

2017-05-12

先日、ある人との待ち合わせでビバリーヒルズのアバロンホテルを指定されました。場所はビバリーヒルズの南の端。車1台がやっと通れる狭いドライブウェイの正面がロビーで、右手にはレストランがあり、3つの棟がぐるりとプールがある中庭を取り囲むようなスタイルになっている、なんとも古き良き時代のハリウッドを思わせるインテリア。噂には聞いたことがあったけれどまだ行ったことのなかったこのホテルは、1948年にビバリー・カールトンという名前の滞在型モーテルとして誕生し、あのハリウッドスターのマリリン・モンローが住んでいたことでも有名です。またモンローの他にも「アイラブルーシー」で知られるルシル・ボールとデジ・アーナス夫妻、グラマラス女優のメイ・ウエストも住人でした。

ところが70年代以降は経営状態が下り坂となり、最終的には老人ホームに用途を変えてしまいました。しかし1998年に開発業者がこの建物を買い取り、保存されていた写真を参考にオリジナルのスタイルを美しく復元した結果、世界中の観光客から利用されるブティックホテルとして生まれ変わりました。モンローのファンなら、彼女のビバリーヒルズの自宅とウエストウッドにある墓地に加えて、ここアバロン・ビバリーヒルズ・ホテルも一緒に訪ねてみる価値があるでしょう。宿泊客でなくても、ロビー横のレストラン、ビビアンは誰でも利用でき、プールサイドの席でカリフォルニア料理を楽しむことができます。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
30おすすめ

[HEC Taiwan] 足洗いで親孝行

2017-05-08

この世には、「母親」という休日のない仕事があります。今週末は年に一度の母の日ですが、何かお祝いのプランはたてましたか?母親の偉大さを讃えるこの5月、台湾各地の市政府や学校は、お茶を捧げたり、マッサージしたり、カードを送ったりなど、親子のふれあいと関連のあるイベントを行っています。そして最もよく見かけるのは、親の足を洗う活動です!子供が生まれてから、両親が全てを世話してくれ、世話を受けることはまるで当たり前のようになってしまっています。そのため、足を洗うことを通して、両親の苦労を知ってもらいたいというのがこの活動の趣旨です。両親の足を洗う際、両親の体を支える足に歳月の跡が刻まれているのを実感するでしょう。また親は、子供が足を洗ってくれるのを見て、深く感動するでしょう。「足を洗う活動はわざとらしい親孝行だ」と批判する声もありますが、活動に通して親子の絆を深めるほか、お金で美味しいものを奢ることやプレゼントすることより、何か行動することが親孝行であると子供に教育することもでき、また両親の隣で時間をかけて親孝行するべきだという見解を持つ方もいます。皆さんは親になったら、どのように祝ってもらいですか?
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
26おすすめ

[HEC USA] 食のトレンドはグルテンフリー

2017-05-05

グルテンフリーとはつまり、小麦粉の成分であるグルテンを摂取しないという意味。小麦粉から作られているパンや麺類を口にしない人々は年々増加中で、2013年には関連商品の売上が105億ドルだった米国のグルテンフリー市場ですが、2016年には156億ドルになるとの予測数字も発表されています(foodnavigator-usa.com調べ)。まさに右肩上がりの市場です。グルテンフリー製品の購入理由として“健康的なイメージ“が多く挙げられますが、従来グルテンフリー製品はセリアック病(グルテン過敏生腸症)からくる胃腸障害の発症を回避するため、「グルテンを摂取できない」消費者用に開発されたものです。

最近では、米粉から作ったパンやケーキを出す店も「グルテンフリー・ベイカリー」として登場。例えば、ロサンゼルス郊外のレドンドビーチにあるキラリウエストというベイカリーでは、パンもマフィンもお菓子もすべて米粉で作られています。この店のオーナーは福島出身の斎藤ヒロさん。あの東日本大震災は、実家が経営していた米粉製のバームクーヘンのお店のオープン半年後に発生したそうです。被災した故郷をロサンゼルスから訪ねた斎藤さんは「福島とつながる事業をアメリカで起こしたい」との思いから、健康志向のロサンゼルスの人々にも受け入れられる米粉製のパンを販売するショップを2年前に開店させました。ケーキやパンの持ち帰り目的だけでなく、海に近いおしゃれなカフェとしても人気を集めているようです。メニューの一番人気は、アーモンドブリオッシュ。しっとりした生地に感じられる甘さに、斎藤さんの故郷を思う優しさが感じられました。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
27おすすめ

[HEC Taiwan] 奇美博物館

2017-05-01

台南市にあるヨーロッパ風の白い建物は、外側には白い彫像が展示され、水が張られている水堀もあり、まるでお城のようです!それは奇美(チーメー)グループ創業者の許文龍が建てた、台湾で最も豊富な個人博物館かつ美術館です。創業者の許氏は、子供時代によく博物館を訪れており、大人になったらみんなのために博物館を設立するという夢を抱いていました。この奇美博物館は、もともと奇美グループの会社敷地内に1992年に開設され、その後、15億台湾ドルを費やして面積9.5ヘクタールの新館を作り、2015年に華麗な姿で新築オープンし、台南市政府に寄贈されたそうです。
館内は四つのジャンルに分けられており、あわせて4,000ほどの作品を展示しています。芸術エリアには西洋絵画と彫刻が揃えられ、一部の展示ホールは中世ヨーロッパ豪邸のように飾られていて、まるで外国にいるような雰囲気を味わえます。兵器エリアには各国の貴重な古代兵器があり、それらを通して歴史や進化を学ぶことができます。楽器エリアには所蔵している楽器をオーケストラのように陳列し、自然史エリアには世界五大州の哺乳類と鳥類の動物標本や化石があります。奇美博物館を訪れるには事前オンライン予約が必要となりますので、足を運ぶ方々はお忘れのないように!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
29おすすめ

[HEC USA] 青汁がアメリカを席巻中

2017-04-28

青汁といえば日本発祥の健康飲料。長い間、アメリカでも在米日本人を対象に販売されてきましたが、今や一般のアメリカ人にも「Aojiru」で通じるほどポピュラーな存在になっています。青汁はもともと1日に必要な野菜をジュースにすることで、より手軽に摂取できるようと開発された商品。青汁を毎日飲むことで骨と歯を丈夫にし、また精神安定にも欠かせないカルシウム、抗酸化作用が期待できるビタミン、ガンの原因になると言われる活性酵素を除去するSOD酵素、血糖値を下げるカルコン、さらに食物繊維や鉄分などを豊富に取り入れることができると言われています。グリーンスムージーと混同されがちですが、果物を混ぜることで口当たりを良くしているスムージーと異なり、青汁は純粋に緑葉野菜だけを原材料にしています。
その材料はケール、大麦若葉、明日葉、クマザサ、ヨモギなどが代表的なもの。ケールはアメリカでは煮たり炒めたりして料理に使うか、またはサラダにして食べるのが一般的ですが、ジャンバジュースなどのフレッシュジュースのチェーン店でもケールのジュースを飲むことができます。これまでに「Sushi、Sukiyaki、Tempura、Ramen、Yakitori、Udon、Sake」などの日本の食文化がアメリカで市民権を得てきましたが、新たに「Aojiru」も加わっているようです。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
42おすすめ

[HEC Taiwan] 考古生活フェスティバル

2017-04-24

先週末、新北市政府は十三行博物館で「2017 新北市考古生活フェスティバル」を連続2日間行いました。2012年に皆さんに考古や博物館自体を認識してもらうため、台湾初「考古」をメインにしたイベントを立ち上げました。そこから、十三行博物館は毎年4月に、パフォーマンス団体や学校、ローカル地域とともに協力して、考古体験のほか、展示やパフォーマンス、ゲームなどの活動を含まれた考古生活フェスティバルを行うようになったそうです。
今年のテーマは「音楽」です。主催者は、色んな国の国内機構や団体、パフォーマンサーに声をかけ、屋外で日本の竹笛やドラ、モンゴルとチベットの楽器、インドネシアバリ島の伝統楽器、そして各国原住民の楽器などを展示してもらい、今までで最大規模のイベントを成し遂げたそうです!また興味のある方々は特別設置された「考古芸術コスプレ区」で、宣教師や海賊、東南アジア民族、十三行人などに変装することもできるそうです!十三行博物館は錬鉄跡のある十三行遺跡です。1957年に遺跡が発見され、研究によって1800年から1500年前まで、台湾鉄器時代であったことが分かっています。それも、台湾唯一錬鉄遺跡のある場所です。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
27おすすめ

次のページへ