[HEC Taiwan] フォンダンケーキのマスター

2017-03-27

豪華な誕生日ケーキやウェディングケーキに立体な花や人物などの美しい飾り付けがされている、もしくはケーキ全体が立体的に作られているものを見たことがあるかと思いますが、それがどのように作られているかご存知でしょうか?それは「フォンダンケーキ」と呼ばれ、飾りも含め全てを食べられる、近年とても流行っているケーキだそうです!一般のケーキと比べると外観が異なっている他、制作時間と材料費は2倍かかりますが、フォンダンケーキを食べるために買う人よりも、趣味として学んでいる人が多いそうです。
台湾の苗栗県には「裴志偉(フェーチ―ウェイ)」というフォンダンケーキのマスターがいます。彼女は2012年に、4年に1度ドイツで開かれる世界最大の西洋料理の競技大会「第22回IKA世界料理オリンピック」に参加し、フォンダンで中国三国時代の将軍「趙子龍」を作って金メダルを獲得し、同時に芸術部門でも満点の「スーパー金メダル」を獲得しました。そして4年後の2016年末にも再度、世界料理オリンピックに出場しました。今回は観音様をテーマにした「観心」という名の作品を作り、53か国3000名ほどの選手と競い合った結果、再び金メダルを手にしたそうです。作品を「観心」というタイトルには「関心」の意味が含まれており、身の回りの人や物事に関心を持つべきだという意味が込められているそうです。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
7おすすめ

[HEC USA] 競馬場で過ごす休日

2017-03-24

ロサンゼルス近郊のアーケディアにあるサンタアニータ競馬場で、来る4月2日、「ジャパンファミリーデー」と題した家族向けのイベントが開催されます。このイベントは競馬レースの東京シティカップと同時開催の記念行事として発足し、競馬場の敷地内には日本文化を紹介する目的の様々なブースが出展し、茶道、書道、華道、折り紙などのデモンストレーションが披露される他、フリーマーケット、さらには日本のアニメの特設ブースも設置され、舞台上では和太鼓や琴の演奏も行われます。

このサンタアニータ競馬場、第二次大戦中は日系人の収容所にも利用された施設。現在は競馬場自体が綺麗に生まれ変わっただけでなく、アーケディアの市自体も中国系の人々が好んで暮らす新興住宅地に変身しました。サンタアニータ競馬場で日本文化を楽しんだ後は、市内にあるウエストフィールドのショッピングモールに立ち寄ってみましょう。台湾料理、ティンタイフォンや無印良品、メガネのJINなど、アジア系の人々に大人気のショップやレストランが多数揃っています。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
8おすすめ

[HEC Taiwan] ネコ駅

2017-03-20

台湾南部の嘉義市にある「板陶窯の交趾剪粘工芸園区」の中には、クリエイティブで可愛く癒される陶芸作品が沢山あり、大人と子供の週末散策ベストスポットと言えるでしょう!工芸園区は2005年に設立され、伝統工芸に熱意を持ち、伝統工芸をより多くの人に認識してもらい、次の世代にも伝えていきたいと願う設立者によって「板陶窯」ができたそうです。
園内には、牛車と子供が小川で遊んでいるような田舎景色の作品があり、昔の台湾の素朴な年代を再現しています。そのほかにも、展覧館や陶芸・手芸の体験、レストランに民宿も提供しているそうです。園内には新しくできた「ネコ駅」があり、ネコの車掌さんが立って挨拶しているほか、椅子や駅のホームはネコで溢れているので、その可愛さに十分癒されてストレス解消になるでしょう!ネコ駅は子供のミニ遊園地でもあり、車に乗って軌道に沿って回ることもでき、踏切では警告用のランプも光るそうです。工芸園区の近くには「壁画」と「百年復興鉄橋」など、60名の陶芸師匠が作った無料観賞の作品もあります。週末に時間があるのなら、ぜひ遊びに行きたいですね。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
12おすすめ

[HEC USA] セントパトリックデーの楽しみ方

2017-03-17

3月17日はセントパトリックデー。セントパトリックデーはアイルランド系の人々のお祭りで、この日はアメリカ中のオフィスや学校が、アイルランドの国の色である緑色の服装の人であふれます。また、ロサンゼルス各地にあるアイリッシュパブでは緑色のビールが限定で振舞われ、朝から晩までこの日を緑色で祝います。例えばダウンタウンにあるケーシーズというパブでは、周辺の通りをブロックしたフェスティバルが17日と18日の両日開催されます。路上でのライブ演奏、バルーンの飾り付けなどが行われ、緑色の服装の人々で溢れかえり、想像を絶する盛り上がりを見せます。

さて、アイルランド系アメリカ人で有名なのは、ダラスで銃弾に倒れたジョン・F・ケネディ大統領がまず思い浮かびます。政治の世界ではレーガン大統領、クリントン大統領も同じくアイルランド系です。歌手のマライア・キャリーも母親がアイルランド系。俳優のベン・アフレック、クリント・イーストウッド、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、ジュリア・ロバーツ、作家ではF・スコッツ・フィッツジェラルド、レイモンド・チャンドラーがアイルランド系アメリカ人です。アイルランド系はアメリカ全体の人口の12%を占めることもあり、盛大にお祝いされるのでしょうね。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
12おすすめ

[HEC Taiwan] 植木日2017

2017-03-13

たくさんの植物が芽吹く春に「植木日」があり、地球環境を守り、自然を大切にしようと人々に呼びかけていますが、昨日台湾各地で植木と関連のある活動が行われました。例えば、台中高鉄の駅では羅漢松、アラカシ、シャリンバイなど千本の苗を用意し、取扱説明のカードとともに駅内の旅客に贈る「帶小樹苗去旅行(苗を連れての旅行)」という活動が行われました。苗が人々とともに移動してその地に根付き、台湾各地で大きな木になることを願っています。桃園市では、「森愛桃園 相約植樹(桃園を愛する森 共に植木しょう)」というイベントを行い、市長と市民が新勢公園で2248本ほどの樹蘭と吉野桜、落羽松の苗を植えたそうです。立派な木に成長した時には、緑のあふれる場所で市民がゆっくりと散歩できそうですね。さらに、副総統も行政院農業委員会林務局が行った植木活動に参加し、石門でシャリンバイを植えました。また、林務局は台湾各地で1万本の苗を植える予定だそうです。全国の森資源調査によると、台湾の森の総面積は219.7万ヘクタール、陸地のおよそ61%を占めています。20年前の8万ヘクタールと比較すると3%も増えました。現代の人々は地球環境を重視しています。植木を通して自然を増やすのなら、植木日に限らず毎日苗を植えてくださいね!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
12おすすめ

[HEC USA] 高層ビルのガラスの滑り台

2017-03-10

ロサンゼルスのダウンタウンで一番高いビル、実際にはアメリカの西側で最高層ビルのUSバンク・ビルディングの展望台に設置されているガラスの滑り台が話題です。このガラスの滑り台、70階から69階に向けて滑り降りるもので、文字通りガラス製で足元も全て透けて見えるため、高所恐怖症の人にはとてもおすすめできないほどのスリルが味わえます。ただし1階分の高さを滑り降りるのは数秒で終わってしまうので、スリルを感じるのも一瞬です。これだけの怖さを感じたのは、もしかしたらラスベガスの高層ホテル、ストラスフィアの屋上に設置されたビッグショットに乗った時以来かもしれません。

気になるのは安全面ですが、広報によるとスクールバスを満席にしただけの重さを掛けてもビクともしない構造になっているということです。それでもやはりちょっと心配ではありますが、スリルを求めたいという方は是非挑戦してみてください。この滑り台は、このビルに展望台を新たに設置する際に、展望台にプラスして人々を惹きつけるものが必要だということで追加されたのだそうです。ちなみに滑り台は展望台の入場料とは別料金になっています。展望台からは、ダウンタウンの全景はもちろん、晴れた日にはサンタモニカの先に続く太平洋まで見渡せます。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
12おすすめ

[HEC Taiwan] トマト連合国

2017-03-06

都会は高いビルと車ばかりで、緑がとても少ない環境です。目紛しい都会の生活から疲れきった心身を解放させるには、大自然に囲まれる農村がベストスポットでしょう。今回はそのような緑の豊かな場所を紹介します。新竹県関西鎮には、「金勇DIY農地」というカラフルな場所があり、世界各地のトマト40種以上を栽培していることから、「トマト連合国」と呼ばれています。
様々な品種のトマトを植えたきっかけは、「赤くて甘い桃太郎トマトが糖尿病患者には合わない」と顧客からアドバイスがあったことからでした。一度他の品種を育ててみたところ人気が出たため、世界各国のあらゆる品種のトマトを育て始めたそうです。主な品種としては、日本と韓国、オランダ、インド、イタリアなどのトマトがあるそうです。さらにトマトだけではなく、イチゴやカラーピーマン、オーガニックな野菜なども提供しています。農場の一部を観光区として公開し、観光客たちは無料で入場でき、果実狩り体験とフルーツ料理まで堪能できます。週末に農村生活を味わいたいなら、ぜひ遊びに行ってみてください!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
15おすすめ

[HEC USA] アカデミー賞の大失態

2017-03-03

2月26日に全米にテレビ中継されたアカデミー賞、みなさんもご覧になりましたか?昨年、アフリカ系のノミネートがなかったということで人種差別的だと問題になりましたが、今年は優秀作品賞に選出された「ムーンライト」をはじめ、助演男優賞も助演女優賞もアフリカ系が受賞するなど、ある意味、昨年のバランスの悪さを一気に埋めたような様相となりました。しかし、問題は作品賞の「ムーンライト」と発表される前に、間違って「LA LA LAND」だと発表されてしまったことでした。監督やプロデューサーらが一斉に舞台に上がった後、「本当の受賞作は『ムーンライト』」と明かされ、会場は混乱模様に。

いつかのミス大会で、本来はミス・フィリピンが優勝者だったのに間違ってミス・コロンビアと発表された時の気まずさを思い起こさせました。このミスは一体どうして起こってしまったのかという推測がネットを駆け巡った後、アカデミー側は「間違った封筒をプレゼンターに手渡してしまったため」と釈明し、謝罪しました。50年近く前の作品「ボニーとクライド」の名コンビ、ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイがプレゼンターだっただけに「彼らが間違ってしまったのでは?」といった推測もありましたが、プロフェッショナルである彼らはただ封筒の中の紙に書いてあった作品名を読み上げただけでした。エンターテインメントのプロが結集した受賞会議でまさかの大ミス。ただし、司会のジミー・キメルのジョークも冴え渡り、作品賞の失態を除いては満足度の高いショーでした。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
12おすすめ

[HEC Taiwan] 台湾初の日本ラーメン祭

2017-02-27

ラーメンは日本の代表料理として知られています。日本を訪れる方々は、多くのお店で色んなラーメンを食べてみたいと思っているでしょう。しかしちょうど今頃は日本へ行かずに食べられますよ!なぜなら2月24日から3月5日まで台湾初の「2017年日本ラーメン祭」が光華商場の近くで行われています。東京の「田中商店」、新宿に本店ある「ラーメン凪」、神奈川県で有名な「玉」、80年の歴史を持つ「函館麺厨房あじさい」、九州福岡の「久留米ラーメン」と「博多新風」、そして安倍総理大臣が北海道で訪れた「吉山商店」、台湾101ビルで開店した「梅光軒」、伝統を覆す牛タン入りラーメンの「㐂蔵」、そして台湾で多くの店を持つ「一風堂」の、10軒のラーメンの名店が揃ってオリジナルの味を提供しています!お祭りに参加できない方も失望する必要はありません。今年中に台湾で開店している「麺屋一燈」の姉妹店「豚骨一燈」と皆さんが期待している「一蘭」、そしてミシュラン級ラーメンの「蔦」も台湾へ上陸予定だそうです。ぜひ食べてみたいですね!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
10おすすめ

[HEC USA] カリフォルニア、冬は雨の季節

2017-02-24

先日の大雨の日、ロサンゼルスのダウンタウンから南に向かってフリーウェイを走っていました。すると下道より低くなっている部分に差し掛かったあたりで、急に渋滞が発生。何事かと思ったら、なんと、フリーウェイが冠水しており、数台の自動車が水に沈んでいました。他の車は一斉に比較的水深が浅めの一番左のレーンに細く長い列を作り、なんとか水を渡りきりました。一番左といえば、エクスプレスレーン。エクスプレスのパスを持っていないと走ってはいけないルールですが、緊急事態ということでルールはお構いなし。私の車はミニバンですが、若干、車高が高めなのが幸いして水没は免れました。

そう、カリフォルニアでは12月から2月が雨季に当たります。洪水対策が万全でないせいか、大雨が降るたびに水はけが悪い道路は冠水、さらに崖は水分を含んで地盤が弱くなり崩れてしまったりもします。それがほぼ毎年繰り返されるのですから、根本的な対策を講じる前にカリフォルニアの人々は「喉元過ぎれば熱さ忘れる」とばかりに、災害の事を忘れてしまうのかもしれません。それでも3月になると乾季の間は茶色い禿山だった山々は、たっぷりと水分を吸収した後に草が生え、緑色に変化します。そして本格的な春の季節を迎えるのです。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
10おすすめ

[HEC Taiwan] 桃園メトロ空港線まもなく開通!

2017-02-20

台北メトロ、高雄メトロに続く第三のMRTシステムであり、桃園国際空港へも繋がる桃園メトロが、3月2日に正式開通します!桃園メトロは1989年10月に交通省により計画されたものの、これまで様々な理由で計画が中断されてきました。その後ようやく2006年に建設が始められ、30年ほどの時間かけて、ついに開通日を迎えます!3月31日までは試乗期間となっており、午前8時から午後4時まで、2万人ほどの乗客にサービスを提供しています。
桃園メトロ空港線は台北メトロ、高雄メトロとは少々異り、二種の列車が存在します。それぞれ、21の駅に停車するブルーの普通列車と、3〜4駅で桃園国際空港に到着するパープルの急行列車です。普通列車、急行列車ともに車両には荷物を置く場所を設けており、急行列車の席だけが横の配置になっているそうです。新たなライン開通に伴い、MRTで辿り着ける場所もさらに増えました!例えば、アウトレットならば「グロリア・アウトレット(華泰名品城)」と「三井アウトレット・パーク」、古い歴史をもつ建物では「林本源園邸(林家花園)」と「蘆竹大夫第」、景色を楽しみたいのであれば「竹峰茶園」と「五酒桶山」などがあります。是非、試乗期間中にお出かけを楽しんでみてくださいね!

[HEC USA] トランプ大統領令就任の影響

2017-02-17

就任した途端、公約を実行すべく、大統領令にせっせと署名しているトランプ大統領。現在、各地で反対デモが起こっている火種は、やはり何と言ってもイスラム系の特定の国からの入国を一定期間禁止したこと、さらにメキシコとの間に壁を造ると言明したことです。先週の日曜も、近くのロサンゼルス空港周辺をドライブしていたら、大勢のデモ隊に遭遇。週末とあって、顔ぶれはほぼ大学生を中心とする若い世代のようでした。彼らが掲げるプラカードには「No wall, no ban(壁に反対、入国禁止令に反対)」「難民こそがアメリカを豊かにした」と言った主張が書かれていました。

さらに「アメリカ・ファースト」と連呼するトランプ大統領は、壁の建設費はこれまで関税がなかったメキシコからの輸入品に税金をかけることで回収するとも言っています。ここ数年、自動車産業を中心に、土地代も人件費も安いメキシコに多くの企業が工場を建設してきました。そして、メキシコで生産された自動車は関税がかからずにアメリカに輸入されています。新大統領は「メキシコに工場を移転させたせいで、アメリカに失業者が増えた」と主張し、自動車製造業そのものをアメリカに戻そうとしています。これに自動車メーカーも部品メーカーも直ちに反応、メキシコへの投資を中止してアメリカ国内にある既存の工場を拡張すると言った声明を続々と発表しています。しかし、中には「アメリカでの人件費は高いので、工場生産は人を雇わず、オートメーションで対応する」という企業も。そうなると雇用創出には繋がりそうもありません。今後も先行きは不透明です。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
10おすすめ

[HEC Taiwan] ロマンチックなプロポーズテーブル

2017-02-13

元宵節(げんしょうせつ)が終わった後、すぐロマンチックなバレンタインデーを迎えますね。交際相手がいる方々は、お祝いプランをたてたでしょうか。多くのレストランでは「プロポーズテーブル」があり、一年中、多くのカップルがそこでプロポーズに成功し、人生の新たな段階へ進むことができたそうです。それら多くのプロポーズテーブルは、綺麗な景色を見られる場所にあり、また美味しいグルメと合わせて、いいムードを作り、プロポーズという重要な瞬間へいたります!例えば、シャングリラファーイースタンプラザホテルにあるイタリアンのマルコポーロレストランでは、窓際の7番席にて木の茂る敦南大道(どんなんだいどう)の景色を見ることができます。またシェラトングランデ台北ホテルのアントニルームの9番席で、一日に3組のカップルがプロポーズに成功したという記録が残っています!現代は技術が大いに進歩した時代であり、技術を通して、特別な日の思い出も残せるでしょう。台北の信義安和にあるフレンチレストランOrchid Restaurant蘭では、有名なプロポーズテーブルがあるそうです!それは事前に指輪をお店に渡しておくと、プロポーズする際に指輪はテーブルの下からだんだんと浮かび上がってくるそうです!考えるだけでロマンチックと思いませんか。プロポーズする予定の方々がいましたら、ぜひ参考にしてくださいね!
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
15おすすめ

[HEC USA] オバマ大統領の功績

2017-02-10

8年間、アメリカ合衆国の大統領の職にあったバラク・オバマ氏。ある政治学者は彼を「民主党の大統領としては、JFK以来の優秀な大統領」だと評しています。彼が行ってきた様々な改革の評価を行うにはまだ時期尚早と言うべきかもしれませんが、労働市場や不動産市場、銀行などを安定させたということで、経済面での評価は非常に高いようです。しかし、鳴り物入りで導入された健康保険制度のオバマケアについては意見が分かれるところ。国民皆保険を目指した結果、これまで持病があり健康保険に加入できなかった人々が加入できるようになり、彼らには大きなベネフィットになった一方で、保険会社が負担する医療費が莫大なものとなり、経営破綻に追い込まれる会社、さらにはオバマケアからの撤退を表明する会社まで登場しました。

また、ファーストレディのミッシェル・オバマ夫人は子供たちの健康増進を目指し、学校で提供される食事の改善に取り組んだことが知られています。その結果、キャンパスから清涼飲料水が消え、子供たちから「味気ない」といった感想が聞かれたものの、ローカロリーでヘルシーな食事がメニューの大半を占めるようになりました。この改革もまた、子供たちの食習慣を変えたことで、彼らが大人になった時に生活習慣病にかかる割合が下がるなど、結果を見るまでには時間がかかるかもしれません。何れにしても、マイノリティであるアフリカ系の初の大統領として、オバマ氏はアメリカの歴史を大きく変えたことは間違いありませんね。
Posted by オバマ大統領の功績 / Parmalink : Trackback(0)
15おすすめ

[HEC Taiwan] 繁体字の時代?

2017-02-06

中文は繁体字と簡体字に分かれており、文字からもわかるように、繁体字は画数が多く、簡体字は簡易化された文字です。台湾では繁体字が「国字」や「正体字」とも呼ばれており、その文字の形や音などには五千年の文明が込められていて、最も伝統的な文字です。近年、中国で繁体字を学ぶ風潮が流行っているそうです。ネットのあるユーザは、繁体字を通して古人の文字に対する理解を見ることができ、繁体字を書くと文化を知ることができると同時にお洒落にも見えると述べました。北京の小路には、素朴な外見で、看板に「繁體字」と書かれているお店があります。このお店は台湾人女性によって運営されており、店内ではコーヒーやデザートなどを提供しているほか、私塾のように繁体字を教えています。そこには繁体字を練習するノートが大量にあり、本棚にも繁体字の書籍がたくさんあり、文芸青年のお気に入りの場所になるでしょう。女性オーナーによると、繁体字を教えるコーヒー屋を開いた理由はいまの風潮のためではなく、伝統的な文字を愛しているため、より多くの方に伝統文字の美しさを理解してもらいたいからだと述べました。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
18おすすめ

[HEC USA] カワイイ文化のカリスマアーティスト

2017-02-03

きゃりーぱみゅぱみゅのセットデコレーションを担当したことでも知られる、アーティストのセバスチャン増田さんが1月にロサンゼルスを訪れました。彼は超ビビッドでインパクトがあるカラフルな色彩の作品を手がけ、「原宿カワイイ文化のカリスマ」とも呼ばれています。もともとは原宿でファッション雑貨の店を経営(現在も継続)しており、その店に置く商品の買い付けのために、これまでに60回以上アメリカに来ているそうです。彼が訪米中のある週末に、ダウンタウンに近いエコーパークという公共の公園で「タイムアフタータイムカプセル」というワークショップが開催されました。
これは未来の自分に向けてメッセージを書き、その紙を飾り付けてどーもくん型のタイムカプセルに投入するというプロジェクト。実はこのイベント、NHKワールドがスポンサーをしている関係で、NHKのキャラクターとして人気のどーもくんが採用されているのです。エコーパークのワークショップには近所に住む人々が気軽に参加し、それぞれメッセージ作りを楽しんでいました。セバスチャン増田さんは「日本のクリエイティビティを全世界の人に伝えていきたい。東京オリンピックが一つの節目になると思う」と話していました。このワークショップ、過去にもニューヨークやサンフランシスコ、ロンドン、パリなどで開催されており、現在も世界各地からオファーが来ているということです。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
18おすすめ

[HEC Taiwan] ねずみの嫁入り

2017-01-30

あけましておめでとうございます!新たな一年も、恵みと喜びのあふれる日々を送られますよう心からお祈り申し上げます。中華系の人たちは旧暦のお正月を祝いますので、元日は年明けの挨拶で朝が早く、二日目は嫁の里帰りで朝早く、三日目は赤口の凶日なので気が済むまで眠れるというのが一般です。本日はちょうど3日なのでたくさん眠れますね!実はこの日には、ある物語があるそうです。遠い昔、あるネズミ村の村長夫婦はお正月の時期に、大切な娘に世界一立派なお婿さんを見つけてあげようとしました。慎重に考え、まず大地を明るい照らすお日様のところを訪ね、娘と結婚してくれるようお願いしました。お日様は「でも雲がきたらすっかり隠されてしまいますよ」と返事をしました。次に雲に尋ねたところ、雲は「風には勝てません」と答え、拒否されてしまいました。今度は風のところへ行くと、風は「そんなに偉くはありません。壁にはかないません」と言いました。娘のために壁を訪ねた夫婦に対し、壁は「僕が最も恐れているのはネズミです!」と答えました。そう言われた村長夫婦はすぐ村に戻ってお婿さん選抜大会を開き、旧暦1月3日に娘の結婚式を行ったそうです。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
27おすすめ

[HEC USA] ポーラープランジとは?

2017-01-27

1月から3月にかけて、アメリカでは海や川、湖などで「ポーラープランジ」というイベントが開催されます。一体何をするのかというと、ポーラーベア(北極熊)になったつもりで、寒い中水の中に入っていく、というもの。いわば寒中水泳ですね。ただし水泳する人は少数派で、ほとんどの人がただ水に向かって走ったり、歩いたり、またはダンスしたりといったリラックスしたスタイルで楽しみます。服装も水着ではなく、北極熊にちなんで熊の着ぐるみなど扮装をして水に入っていく人までいるほど、かなりコミカルなイベントです。

ポーラープランジの中の幾つかのイベントは、ファンドレイジングを目的としています。寒中水泳に参加する費用を、スペシャルオリンピックチームの運営費や病気の子供たちの治療費に充てるのです。例えば毎年、ビッグベアレイクで開催されているポーラープランジの参加費は一人50ドルから。それ以上の寄付金も積極的に募っています。寒い中、水と戯れるイベントに参加することで、それを寄付金活動に役立てるとは、アメリカらしいボランティア精神の表れですね。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
27おすすめ

[HEC Taiwan] 台湾バンゾウ文化

2017-01-23

台湾の「バンゾウ(辦桌)」文化はご存知でしょうか。それは、飲食と冠婚葬祭の儀礼が融合した古い台湾文化であり、室外で行われる宴会を指します。通常は街で宴会の場を設けています。その起源は北宋時代であり、台湾では清の時代にますます盛んになり、当時の豊かな家庭はシェフを家に招き、宴会料理の形を取りました。昔のバンゾウは準備するのが不便でした。なぜなら、お皿やテーブル、椅子などの道具を借りられる場所がなかったからです。そのため、近くにいるお隣さんにテーブルや椅子などを借り、お隣さんは宴会で食事が済んだあと貸したものを直接家に持って帰ったそうです。また当時は冷蔵庫がな かったため、外に置いた食材を盗まれないように警備する人がいました。そのように事前準備が色々と大変であり、村全員に協力してもらうことさえあったそうです。バンゾウには、通常メインシェフが一人、一般シェフが何名、その他に野菜を切ったり茶碗を洗ったりするお手伝いさんがたくさんいます。お料理と宴会の飾りはテーマによって異なり、バンゾウは街で行われるため、レストランの宴会と比べると会場租借費用が少なく、お料理の内容も更に豊かだそうです!現在、台湾北部ではバンゾウの風習をほとんど見られませんが、中南部ではまだあるそうです。この古い文化をぜひ続けて欲しいですね。
Posted by HEC Taiwan / Parmalink : Trackback(0)
17おすすめ

[HEC USA] ロングビーチのチョコレートフェスティバル

2017-01-20

2月14日はバレンタインデー。日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントして愛を告白する日とされていますが、アメリカでは男性から女性へ、また友人へと幅広い意味での愛情や友情の交換が行われる日です。通常、男性から女性にプレゼントする場合は花とチョコレートを渡すのが一般的。学校ではチョコレートやキャンディーを配りますが、特定の人にだけ渡すのは差別的だからという理由で、多くの学校ではクラスの子供たちの名簿を配布して全員分用意するようにと指示するケースもあります。さらにチョコレートは手作り厳禁。中に何かが入ってしまわないよう、市販の商品限定とされるのが通常です。逆に「一切、バレンタインデーにキャンディーやチョコレートは持参しないように」とお触れが出る場合も。

さて、そんなバレンタインデーを前に、2月4日、ロサンゼルス郊外のロングビーチにあるベルモントショア地区で第13回の「チョコレートフェスティバル」が開催されます。これは数ブロックを塞いで、25軒のレストランがチョコを使った様々なデザートやスイーツを出展する甘いイベント。それぞれのスイーツを試食できるだけでなく、スポンサーであるファミリーレストラン、ホフズハットのチョコレートパイの早食いコンテスト、参加者によるホームメイドのチョコレートデザートのコンテストなどの催しも企画されています。楽しそうですね。
Posted by HEC USA / Parmalink : Trackback(0)
22おすすめ

次のページへ